【解説】どう違うの?ワールドワイドキッズ★こどもちゃれんじEnglish

ベネッセの幼児向け英語教材「ワールドワイドキッズ(worldwidekids)」と「こどもちゃれんじEnglish」。

いったい何が違うの?

うちにはどちらが合っているの?

と悩みませんか?^^;

我が家は「こどもちゃれんじEnglish」についてほとんど知らないままワールドワイドキッズを購入したので、 後から「しまじろうのほうが安いし、オモチャもこども受けが良さそうだな、、」とモヤモヤしました。

カンタンチェック!どちらが向いてる?

当てはまる項目をチェックして数えましょう!

<A>

□英語ペラペラキッズになれたらいいなと思う

□親も一緒に英語を学びたい(もしくは英語が得意)

□兄弟姉妹で学びたい

□親子で遊ぶ時間はたくさんある

<B>

□英語はやらないよりはやったほうが良いと思う

□親自身は英語学習に興味ない

□親子で遊ぶ時間はなかなか取れない

□毎月教材が来るほうが飽きなくて良いと思う

<A>が多い人は「ワールドワイドキッズ向き」 <B>が多い人は「こどもちゃれんじEnglish向き」 になります。

いかがでしたか?

しっかり効果が出るのは「ワールドワイドキッズ」だと思いますので、私はそちらをお勧めします!

こどもちゃれんじEnglishの特徴は?

○低価格

○気軽にやめたり再開したりできる

○オモチャが毎回届く

○日本語のサポートがある

気軽に英語を始めたい人にはピッタリかもしれません

毎回払いだと税込¥3960/月(年中・年長のコースは¥4492/月)。年間一括払いにする場合や、こどもちゃれんじを受講してる場合はさらに安くなります。

入会金が無いので、退会・再入会もしやすいです。(1回のみの受講はできません)

うちが貰った体験DVD(年中向け)は、テレビのリモコンでクイズに答えられるようになっており、4歳長女が一人で楽しそうに操作していました。

オモチャは大半は音声が流れる電子玩具といった感じで、子どもだけでも遊びやすそうです。

デメリットはと言うと、、

○DVDが日本語混じりで、スローペース

○扱っている語彙数が少ない

○年齢別にコースが分かれている

WKのDVDを見慣れている私が観ると、こどもちゃれんじイングリッシュのDVDはかなりスローペースでした。

(WKと同じぐらいのスピードの箇所もあります)

会話劇では「More,please.」という1文を強調して何度も練習といった雰囲気で、時間がもったいないように思いました。

同じ1時間を英語学習に使うなら、たくさん英語を聞けるほうがよくないですか?wkの映像はわかりやすいので、オールEnglishでも子どもたちは意味を理解していきますよ!

金額を比較してみましょう

年少〜年長の3年間受講すると…

○WK

総額¥194,400(税・送料込)です。

○しまじろう英語

年少で毎回払いをすると¥3,960×6回で¥23,760/1年。年中は¥4,492×6回で¥26,952。年長も同じく¥26952。 3年間で合計¥77664です!

しまじろう英語のほうがだいぶ安いですね。一括払いや、こどもちゃれんじ会員価格だとさらにお安いです!

教材の数は…

上記同様に3年間受講すると仮定して…

○WK

DVD30本

オモチャ6種

絵本24冊

パペット4体

電子玩具本体とカード

親向けガイド6冊

○しまじろう英語

DVD18本

オモチャ18種

絵本18冊

親向けガイド18冊

(単純計算です。特典やイレギュラーなものがあれば、もう少し多いでしょう)

まとめ

どちらの教材にも良いところがあります。

親も一緒に英語を学びたいという方、海外転勤などで必ず英語が必要になるお子さんは、迷わずワールドワイドキッズでしょう。しまじろう英語は易しすぎるかな^^;

どちらを受講しても、ある程度の単語は理解できるようになるし、幾つかのフレーズを話したりできるようになるでしょう。 ただ、会話の聞き取り・理解に関してはワールドワイドキッズのほうがたくさん英語を聞いているぶん、かなり差がつくんじゃないかと思います。

少しでも参考になれば嬉しいです^^