期待と不安でいっぱいな入園前に読んであげたい絵本

幼稚園や保育園に入園する前は、親も子も、不安な気持ちと楽しみな気持ちでいっぱいですよね。

そんなとき、読んであげたい絵本をご紹介します!

入園前に読んであげたい絵本

どんぐりむらのどんぐりえん

どんぐりむらのどんぐりえん (どんぐりむらシリーズ)

どんぐりむらのどんぐりえん (どんぐりむらシリーズ)

「くれよんのくろくん」や「そらまめくんのベッド」でも有名な、なかやみわさん作「どんぐりむら」シリーズの中の1冊です。

どんぐり村の子どもたちが、保育園(幼稚園?)で過ごす様子が描かれています。

ページ数は多く、盛りだくさんのストーリーです。

前半では、園に着いてパパママと離れる場面から始まり、朝の会や公園遊び、給食や制作活動など1日の流れが描かれています。

後半では、園のイベントに向けて準備する様子、お祭り当日のアクシデント、そしてほっこりする結末が…^^

絵柄は「そらまめくん」や「くれよんのくろくん」と雰囲気は同じですが、どんぐりむらのほうが書き込みがすごいなという印象です。

はっきりとした主人公はおらず、キャラクターがとにかくたくさんおり、みんな何をしてるのかな〜と、絵だけ見ても楽しめますよ!

長女も年少で入園する直前に読み、とても楽しんでいました^^

ようちえんのはる・なつ・あき・ふゆ

ようちえんのはる・なつ・あき・ふゆ (大型ガイド絵本シリーズ)

ようちえんのはる・なつ・あき・ふゆ (大型ガイド絵本シリーズ)

まさに入園前に読むために作られたような絵本です。

子どもたちが入園してから、3月にある年長さんとのお別れ会まで、1年間の行事が見開きごとに描かれています。

主人公がおらず、男の子も女の子も出てくるので、性別問わず共感できるのではないでしょうか?

制服、体操服、スモッグ、黄色い帽子…いろんな服装が出てくるので、これ〇〇ちゃんのと同じだね〜なんていう会話もしやすいと思います^^

入園前だと子供はピンとこない場面もあるかもしれませんが、1年後読み返して「運動会楽しかったね〜」など会話できるようになりますよ!

ハリネズミのくるりん

ハリネズミのくるりん

ハリネズミのくるりん

人見知りでちょっと入園が不安なお子さんに…。

幼稚園・保育園のお話ではないですが、恥ずかしがり屋のハリネズミ「くるりん」がお友達を作るまでのストーリーです。

くるりんは恥ずかしがり屋で、すぐにクルリンと丸まってしまいます。

お母さんを相手に挨拶の練習をして、いざ一人で出かけるのですが…誰かに出会ってもなかなか言葉が出てきません。

くるりんはついに緊張で倒れてしまいます…

勇気を出して頑張る様子に、子どもたちも共感するのではないでしょうか?

よーく見ると、各ページの背景にちらりとお母さんらしき影が見えています。心配なんですよね〜^^

まとめ 

いかがでしたか? 

入園前の期間は親も不安なものです。子どもと一緒に色々読んでみると、気持ちの準備ができていいですね^^