弟妹ができたら読んであげたい絵本3選

f:id:cresc_cresc:20181016010201j:plain

二人目ができたら、上のお子さんになんと声をかけてあげますか?「おうちに赤ちゃんが来るんだよ〜」と説明しても、どうなるのかピンとこないかもしれませんね。

そんなときは絵本を使って伝えるのはどうでしょうか?小さな弟妹って可愛くて大切な存在...そんな風に自然と感じられるといいですね。

そんなお兄ちゃんお姉ちゃんのための絵本を3冊ご紹介します。

弟妹ができたら読んであげたい絵本

ペネロペおねえさんになる

ペネロペおはなしえほん (14) ペネロペ おねえさんになる (ペネロペおはなしえほん 14)

ペネロペおはなしえほん (14) ペネロペ おねえさんになる (ペネロペおはなしえほん 14)

  • 作者: アン・グットマン,ゲオルグ・ハレンスレーベン,ひがしかずこ
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2012/10/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
Eテレのアニメ版もおなじみのペネロペシリーズ。ペネロペがお姉ちゃんになるお話です。

ペネロペが「5つ子が産まれたらどうしよう」「全員女の子だったら?」「全員男の子だったら?」と、いろんな想像をしていきます。

赤ちゃんを楽しみに心待ちにする様子がたくさん描かれており、不安な気持ちにさせないところがいいですね。きっとママパパも笑顔になれると思います。

ノンタンいもうといいな

ノンタンいもうといいな (ノンタン あそぼうよ16)

ノンタンいもうといいな (ノンタン あそぼうよ16)

大人気ノンタンシリーズです。ノンタンとそっくりな可愛い妹「タータン」が登場。

みんなで一緒に遊ぶのですが、ノンタンはタータンのことが邪魔になって「あっちいけっ!」と言ってしまいます。でも本当にタータンがいなくなってしまい、ノンタンは大慌て...。

可愛くていつも仲良しの妹だけど、時々うっとうしくて...という兄ごころがコミカルに描かれています。

弟妹を大切にする気持ちが芽生えるといいですね。

ぼくのおとうと

ぼくのおとうと

ぼくのおとうと

優しいお兄ちゃんが、まだ赤ちゃんのおとうとと「ぽいぽい遊び」をして遊んであげています。そこへおばけが現れて...勝負を挑んでくるという、ちょっと不思議なストーリー。

怖いけど何だか憎めないおばけに、子どもも喜ぶと思います^^

下の子が産まれても、きょうだいで遊べるようになるまでは時間がかかるんですよね...。この絵本を読んで楽しみにしてみてはどうでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

我が家では下の子がお腹にいるとき「小さい赤ちゃん可愛いね〜」なんて声かけしながら、これらの本を読み聞かせていました。

おかげですんなり妹を受け入れてくれ、可愛いと言いながら頭をなでたりしてましたよ。

上の子の心の準備も済ませて、新しい家族を迎えられるといいですね。